一般社団法人 メディホープかながわ

よくある質問

QUESTION

薬局でのよくある質問

QUESTION AT THE PHARMACY

黄色ラベルジェネリック医薬品

Q. ジェネリック薬品とは?
A 医療用医薬品には同じ成分、効果でも薬価が違うものがあります。日本で最初に発売された新薬は「先発品」と呼ばれ、これに対して「後発品」(ジェネリック)は、一般的に先発品の特許期間満了後に製造・販売される薬のことをいいます。ジェネリックは新薬の研究開発費や承認審査にかかる費用がかからない分、薬価が安く設定されています。
Q. ジェネリック薬品を希望するにはどうしたらいいですか?
A 医師が処方した薬に対して、保険調剤薬局の薬剤師が薬の専門家の立場から、品質と患者さんの負担を考慮し、患者さんの同意のうえで同一成分の後発品に替えることができますが、医師の了解があることが前提です。
ジェネリック薬品の使用については、処方箋を書く医師か調剤する薬剤師に相談してみるといいでしょう。

黄色ラベルお薬手帳

Q. 手帳はどんな時に役に立つのですか?
A 複数の医療機関で薬をもらうときに、同じ成分の薬が重なって出されどちらも飲んでしまうと、量が多すぎてしまうことがあります。また飲み合わせの悪い薬を同時に処方されて、薬の効き目が悪くなったり効きすぎて副作用が出てしまう事もあります。手帳は、他でどんな薬をいつから飲んでいるかを伝えるために、薬剤師だけでなく医師にも見せると良いでしょう。また副作用を経験したときには、いつ、どんな薬で、どんな症状がでたのかを手帳に記録しておくと、それと同じ種類の薬が再度処方されるのを防ぐことができます。
Q. 手帳を活用するうえで注意する点は?
A 手帳は1冊だけにして、どこの医療機関の情報も全部それにまとめることが大切です。また血圧や検査結果、薬を飲んだ時の体の状態なども一緒に記録しておいてもいいでしょう。
そして、保険証や診察券と一緒にいつも持ち歩くようにしましょう。旅先や休日や夜間など急に体調が悪くなり救急で診てもらうときに手帳があれば、普段の治療の状況が適切に伝えられます。

黄色ラベルサプリメント、健康食品

Q. 健康食品を使っているのですが、薬とはどのように違うのですか?
A 「健康食品」は健康に関する効果や食品の機能等を表示して販売されている食品(栄養補助食品、健康補助食品、サプリメントなど)の総称です。医薬品は販売されるまでに有効性と安全性の試験を繰り返し、使用量や使用方法を決め厚生労働省の許可を得ます。しかし健康食品には量や使用方法などの規制がなく、薬のように病気に対する治療効果を表示してはいけないことになっています。健康食品は使用量の規制がないものが多いですが、体に良いからといって大量に摂ることは問題があるでしょう。
Q. 目の疲れや腰の痛みにビタミン剤を飲んでいますが、ビタミン剤にも副作用が
  ありますか?
A ビタミンB群(B1、B2、B6、B12)は神経痛、筋肉痛、関節痛などの症状改善、眼精疲労に効果があるといわれます。このビタミンB群、ビタミンCは水溶性で、必要量以上摂取した分は尿から排泄されるので、摂りすぎによる副作用はありませんが、人によっては食欲不振や胃腸障害をおこすことがあります。これに対して脂溶性ビタミン(ビタミンA、D、E、K)は脂肪と一緒に体内に蓄積されるため摂りすぎによる過敏症が問題になります。ビタミンAは妊娠初期に大量に摂取すると、胎児の正常な成長に影響を及ぼすことがあり注意が必要です。